賃貸住宅のメリットとは

賃貸住宅ならではのメリット

賃貸住宅には分譲住宅にはないメリットがたくさん。

賃貸住宅にするか分譲住宅にするか迷われる方が多いですが、ここでは賃貸住宅のメリットについてお伝えします。

賃貸住宅は立ち退きしやすい

賃貸住宅の大きなメリットに立ち退きのしやすさがあります。

引っ越し費用はもちろん必要ですが、給与が減ってしまって安い物件に移動したい際、転勤や転職で職場が変わった際、自営業で事務所移転をしたい際などに、身軽に行動できるという点は分譲住宅にはないメリットですね。

最近問題になっている近隣との人間関係も、分譲であればじっくり地域に根付いて良い人間関係を構築していかなければいけませんし、その近所付き合いに神経をすり減らさなければなりません。

ですが、賃貸なら近隣との関係にそこまで気を使う必要もなく、耐えられなければ引っ越してしまえばよいのです。

ただ、賃貸住宅にも基本的に最低限の入居期間が定められているので、その点は契約の際に確認しておきましょう。

大きな金額を用意しなくていい

分譲住宅の場合、頭金など最初に必要な費用が大きくなりますが賃貸住宅は、そこまで大きな金額は必要ないのもメリットの1つです。

老後に借りにくいという不安の声も高まっていますが、高齢者用の賃貸住宅も増加してきていますし、これからの時代、高齢者が更に増えるのでこういった物件もさらに増え、高齢者でも賃貸物件を借りやすくなると予想されています。

独身の方は賃貸がオススメ

独身の方は分譲より賃貸の方がオススメです。

将来的な事を考えれば、「今落ち着いた家が欲しいから」という理由で分譲を購入するのはオススメできません。

結婚や職場の移動、転勤、出産などライフスタイルが変われば、住宅に必要な内容も変わります。しかし、住宅は建造物で人間のライフスタイルに合わせて変形してくれません。

もちろんリフォームなどで中身を変えることはできますが、子供ができてより大きなスペースが必要になった際などの対応が非常に困難なのです。

ローンがない

また分譲住宅ではほとんどの方がローンを組みますが、その期間は10年~30年と長期間に
なります。

転勤で遠方に職場が変わった場合、単身赴任先での家賃にプラスして購入した分譲住宅のローンはそのまま残るので、支払いが2重になってしまいます。

「この地にローンが終わるまで・終わってその後もずっと住み続ける・自分の環境も大きく変わることはない」という方は、分譲の方がお得かもしれませんが、なかなかそういった方は少ないと思います。

このようなことを考えると、ほとんどの方には賃貸の方がメリットが大きいといえるでしょう。