賃貸の間取り別ライフスタイルをしって快適生活!

賃貸の間取り別に合ったライフスタイル

賃貸の間取りには1R、1K、1DK、1LDK、2K、2DK、2LDKなど多くありますが、どの間取りが自分のライフスタイルに合うかは判断しにくいですよね。

ここではそんな、よくみる賃貸の間取りでもわかってそうで、わからない間取りで代表的なものの違いについてお伝えします。

ワンルーム(1R)

ワンルーム(1R)は、居室とキッチンの間に仕切りがない間取りで、キッチンがコンパクトだったり、トイレ・バスが一緒になっていたるユニットバス形式が多くなっています。

ただ、そのぶん居住のためのスペースを確保でき、無駄を少なくしてスペースを活用でき、同じ条件でも1Kや1DKに比べて家賃が低く設定されていることが多いので、家賃を抑えたい一人暮らしの人向けと言えます。

1K

1Kは居室の数は1Rと同じく1つですが、居室とキッチンの間に仕切りがある間取りで、料理の際に匂いが広がりにくく、玄関から寝室を見えないようにすることができる間取りです。

キッチンと居室を分けたい一人暮らしの方にオススメです。

1DK

1DKは1Kと同様い居室とキッチンが仕切られていて、キッチンがある部屋で食事ができるス
ペースが確保されている間取りです。

DKは4畳半~8畳位なので、電化製品を設置するスペースも問題なく、ダイニングテーブルを置くこともできるので、ある程度余裕をもった一人暮らしや新婚夫婦などにオススメです。

1LDK

1LDKは8畳以上のLDKと居室が1つある間取りで、食事をしてくつろげるスペースがあるので、居室を寝室専用にしやすい間取りです。

新婚夫婦、小さなお子さんのいる家族などにオススメです。

2K

2Kは居室が2つあり、キッチンと居室が仕切られている間取りで、2つ部屋を確保できるので、ルームシェアや生活リズムが違うカップルや小さいお子さんがいる家族にオススメです。

2DK

2DKは居室が2つとDKのある間取りで、自由度が高いので一人暮らしの方では、部屋をもてあましてしまうかもしれません。

それぞれの部屋が持ちたい二人暮らしの方などにオススメです。

2LDK

2LDKは居室が2つと8畳以上のLDKがある間取りで、一般的なアパートだけでなく住居を上下に分けたメゾネット型のアパートやマンションなどでも多い間取りです。

共有部分を確保したい二人暮らしや家族向けになります。

まとめ

と、いうことで賃貸の間取り別ライフスタイルについてお伝えしてまいりました。

それぞれの間取りに、それぞれの特徴がありますよね。

自分のライフスタイルに沿った間取りを選んで賃貸を探していくと、自分に合った賃貸を効率的に探しやすくなります。

センチュリー21ではお客様一人一人にもっとも合う賃貸を誠心誠意、探すお手伝いをいたします!

賃貸をお探しでしたら、センチュリー21にぜひご相談ください!!