知って得する一人暮らしの費用を安く抑えるコツ!

一人暮らしを始める初期費用を安く抑える

一人暮らしを始める際に、まず初期費用が必要です。

賃貸を借りるには、敷金・礼金、前家賃、仲介手数料、鍵の交換費用、火災保険料など
さまざまな費用が必要ですが、物件選びを工夫すれば初期費用を抑えられます。

敷金・礼金が安い/ゼロの賃貸物件を探す

敷金は部屋を退去するときの原状回復費用として、入居前にだいたい家賃
1~2か月分を払い、原則、原状回復にかかる費用が差し引かれた額が戻ってきます。

礼金は、大家さんにお礼として支払うもので、こちらも家賃1~2ヶ月分が一般的です。

敷金・礼金が安かったり、ゼロの賃貸もあるので、そういった賃貸を探すと
初期費用を抑えられます。

仲介手数料が安い不動産屋を探す

仲介手数料は、不動産会社に支払う報酬で家賃半月~1ヶ月分を払います。

仲介手数料が半月分の不動産屋や、無料のところもあるので、
そういった不動産屋を選ぶと初期費用を抑えられます。

フリーレント賃貸を探す

フリーレント賃貸は、一定期間家賃が無料になる物件で、入居後1~3
ヶ月くらいの間、家賃が無料になるサービスです。

貸主が空室を早く埋めたい物件やオフシーズンに多く、家賃が無料になるので、
引越しの初期費用を大きく抑えられます。

引越しシーズンを避ける

就職や進学のタイミングで引越しが集中する3~4月は引越しシーズン
なので、引越し費用が高くなる傾向にあります。

またゴールデンウィークや夏休み、冬休みなど長期休みも引越し費用が
高くなりがちです。

逆に、ゴールデンウィーク開けや1~2月、11月などは閑散期で引越し代
が安くなりやすいので、この閑散期に引越しすると初期費用を抑えられます。

自炊で一人暮らしの費用を抑える

コンビニ弁当や外食が多いと、食費がかさむので節約するなら、
できるだけ自炊しましょう。

食材をまとめ買いし、休日に日持ちする料理を作り置きすると、一人分ずつ
作らなくてよいので、食費だけでなく料理の時間や手間も省けます。

ガス代や電気代を節約する

ス代は、都市ガスかプロパンガスかで大きく料金が違います。

プロパンガスのほうが高いので、都市ガスを使える賃貸物件を
探すのもよいです。

電気代は、使っていない部屋の電気をこまめに消すようにしましょう。

電気代はエアコン代が大きいので、あまり必要のないときはエアコン
を使わないようにするだけで、電気代を節約できます。

家計簿をつける

家計簿をつけると、何にお金を使っているのか一目でわかります。

何を買ったかを明らかにすると、ムダ使いを防止できます。

家計簿アプリもたくさんあるので、ぜひ活用しましょう。

まとめ

と、いうことで一人暮らしの費用を安く抑えるコツについてお伝えしてまいりました。

一人暮らしの費用を安く抑えるのに一番大切なことは、ポイントを絞って
節約することです。

すべてに対して節約しようすると、生活の楽しみがなくなってしまいます。
まずは節約できるポイントを見つけて、無理のない範囲で安く抑えて
みましょう!

センチュリー21ではお客様一人一人のご要望にできるだけ合う賃貸を探す
お手伝いをいたします!

堺市で賃貸をお探しでしたら、センチュリー21にぜひご相談ください!!