登録しました
ページ更新後に反映されます
すでに登録されている物件です。
お気に入り物件から削除されました
ページ更新後に反映されます
トップ >タウン情報 詳細

アパート、マンション、コーポ、ハイツの違いとは?

2020-01-14

賃貸探しでよく聞くアパート、マンション、コーポ、ハイツの違いとは

アパート、マンション、コーポ、ハイツの違いを知ろう!

アパート、マンション、コーポ、ハイツなどよく耳にしますが、その違い
とはいったいどこにあるのでしょうか。

賃貸を探しているときに、アパート、マンション、コーポ、ハイツなどさまざま
な種類をみて、その違いにとまどう方も多いはず。

そこでここではアパート、マンション、コーポ、ハイツの違いについてお伝えします。

h1<アパートとマンションの違い>

実はどんな建物を賃貸アパート、マンションと呼ぶかという法的な規定はありません。

大家や不動産会社が「~アパート」「~マンション」と名前を決めている
だけなのです。

しかし、賃貸アパートかマンションには「構造」という点で判断ポイントがあり、一般的に
アパートは階数が1~3階位で、木造か軽量鉄骨造を指し、賃貸マンションは~3階以上で、
鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造となっています。

よくアパートは古い建物で、新しい建物がマンションというイメージがありますが、それは
正しいとは言えません。

h2<アパートのメリット>

アパートに多い木造は壁・柱・床など主な構造部を木材で造るので、通気性が高く、
軽量鉄骨造は柱などの骨組みに鉄骨を使われ、強度が木造より高くなっています。


賃貸マンションのメリット

マンションは構造部に鉄筋やコンクリート、重量鉄骨が使われているので、強度や耐久性が
高くなっています。

また、マンションは鉄筋コンクリート造、SRC鉄骨鉄筋コンクリート造、重量鉄骨造などで建てられて
いるので、アパートより規模が大きく構造も丈夫です。


コーポとハイツの違い

コーポとハイツもアパートや賃貸マンションと同じように、明確な定義はありません。

一般的にコーポは木造や軽量鉄骨造で2階建ての共同住宅、ハイツはプレハブ軽量鉄骨造の2階建て共同住宅を指
し、アパートと構造上は同じですが、アパートとは違った表記にしたいという理由で「コーポ~」、「~ハイツ」
と名付けられているケースも多くあります。
基本的にアパートと同じと考えて差し支えありません。


まとめ

と、いうとこでアパート、マンション、コーポ、ハイツの違いをお伝えして参りました。

建物の種類それぞれにメリットとデメリットがあるので、賃貸を探す際はお伝えした構造を
特に意識しておくことで失敗しない部屋探しが可能になります。

センチュリー21ではお客様一人一人のご要望に合う賃貸を探すお手伝いをいたします!

賃貸をお探しでしたら、センチュリー21にぜひご相談ください!!