登録しました
ページ更新後に反映されます
すでに登録されている物件です。
お気に入り物件から削除されました
ページ更新後に反映されます
トップ >タウン情報 詳細

賃貸で犬を飼う際に気を付けたい注意点

2020-03-01

知って得する賃貸で犬を飼う際の注意点

トイレのしつけをする

賃貸で犬を室内飼いするのであれば、まずトイレのしつけをしっかりしておかないと、
部屋のいろんなところでトイレをする習慣がついたり、犬が勝手にトイレの位置を
決めてしまいます。

トイレのしつけは、子犬の頃から使えるトイレシーツを使う人が多くいます。

まずケージやハウス内全体にトイレシーツを置いて、トイレをまったくしないシー
ト部分を回収していく作業を繰り返し、トイレをする場所を決める
トイレトレーニングを行うと効果的です。


マーキング対策をする

オス犬は、自分のテリトリーと上下関係を主張するためにマーキングを
します。犬が室内飼いでマーキングを覚えると、犬が飼い主より立場が上と
勘違いしてしまい、飼い主の命令を聞かなくなってしまいます。

マーキングをするのであれば去勢手術を行ったり、臭い消しグッズを使って
マーキングを消すようにし、飼い主と犬との上下関係をしっかりわからせる
ようにしましょう。


無駄吠え対策をする

賃貸や隣家が近いと、鳴き声が原因でトラブルになることがあります。

飼い主が犬をしっかり怒ってしつけないと、犬は無駄吠えを続けてしまいます。
無駄吠えをできるだけ抑えるように、吠えると飼い主が怒ることを犬にわからせる
ようにしつけをしましょう。


犬にストレスのない環境をつくる

犬にストレスのない環境をつくる
また、ペット可の賃貸物件でも、犬の種類や頭数に制限があるケースも多いので、
賃貸で犬を飼う前にしっかり確認しましょう。


まとめ

と、ということで賃貸で犬を飼う際の注意点をお伝えしてまいりました。

賃貸という多くの人が住む場所で犬を飼うには、周りに迷惑をかけず、犬と
飼い主が快適に生活できるような環境づくりやしつけが大切です。

センチュリー21ではお客様一人一人のご要望にできるだけ合う賃貸を探す
お手伝いをいたします!

賃貸のお部屋探しは、センチュリー21にぜひご相談ください!!