登録しました
ページ更新後に反映されます
すでに登録されている物件です。
お気に入り物件から削除されました
ページ更新後に反映されます
トップ >タウン情報 詳細

一人暮らしに持っていく荷物

一人暮らしの引越しで持っていく荷物は何がよいか解説!

2021-03-15

一人暮らしで引越しにどんな荷物をどのくらい持っていけばよいか、 初めて一人暮らしをする人は、特に悩んでしまいますよね。 一人暮らしの新生活に、あれもこれも持っていこうとすると、荷物が増えて引越し費用も 高くなってしまいます。 そこでここでは、一人暮らしを始める方の荷物についてお伝えします。

一人暮らしの引越しの荷物量と単身パック

一人暮らしで引越しするときに、もっていく目安の荷物量はダンボール15個くらい
までです。このくらいに必要最低限の荷物をまとめるようにしましょう。

また、荷物量に制限はありますが、一人暮らしの引越しにはお得な単身パックが費用も
抑えらてよいです。


一人暮らしの引越しの荷物量を断捨離で減らす

初めての引越しは、あれもこれも多くの荷物をダンボールに詰めてしまい、
単身パックの制限を超えたり、ダンボール15個分をオーバーしてしまう
方も多くいます。

そんな方は、思い切って断捨離で一人暮らしに持っていく荷物を
減らしてみましょう。

断捨離では、本当に必要なものと必要ないものを分け、本当に必要ないものは、
すべて捨てるというくらいの決意で、片付けをします。

「ちょっとでも悩んだら捨てる」という潔さが断捨離には大切です。

ただ、思い出の品などで、本当に残しておきたいものは、捨てずに実家に保管
するなどするとよいです。


リサイクルを活用して引越しの荷物を減らす

必要なもの/不要なものを分けて、売れる可能性がある物があれば、
近所のリサイクルショップを活用してみるのも手です。

出張買取などを利用してまとめて引き取ってもらえば、引越し費用の足しに
もなります。

値がほとんどつかなくても、引き取ってもらえれば処分費もかかりませんし、
誰かがまた使ってくれるので、捨てるよりエコになります。


一人暮らしの引越しにあると便利なアイテム

■カラーボックス

カラーボックスは大きいので、邪魔になるかもと思われがちですが、
カラーボックスは衣類の収納だけでなく、テレビ台や本棚などにもなり、
さまざまな用途で使えて、一人暮らしの便利なアイテムです。

引越しの際も、カラーボックスに物を入れて固定して運んでもら
えば、ダンボールの必要もなくなります。

■最低限の食器や調理器具

食器や調理器具も最低限のものにしましょう。

最低限必要なものは、炊飯器、鍋・フライパンは、包丁、まな板、しゃもじ・お玉などの
調理用品や茶碗・平皿・丼などの食器、またコップや箸・フォーク・スプーンなどです。

■タオル

タオルは数枚は持っていきましょう。

タオルは買うと意外と高いのと、引越し先の掃除や料理、風呂の後
などにすぐ使えるので重宝します。

サイズは数種類用意しておくとよいです。

■枕

新居でまだ住み慣れていない場所でも、いつも使っている枕なら、
初日からゆっくりと眠りやすくなります。


まとめ

と、いうことで一人暮らしの引越しで持っていく荷物についてお伝えしてまいりました。

初めての一人暮らしの引越しは肉体的にも精神的にも疲れやすいものです。

荷物を減らす工夫することで、疲労を抑えてより快適に新生活をスタートできます。
一人暮らしをこれからする方は、当面何が必要かをしっかり考えて準備しましょう。

センチュリー21ではお客様一人一人のご要望にできるだけ合う賃貸を探す
お手伝いをいたします!

南大阪で賃貸をお探しでしたら、センチュリー21にぜひご相談ください!!